社会保険労務士事務所は、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成を代行し、企業経営の上での労務管理・社会保険についての相談や指導を行う、社会保険労務士が務める事務所のことを指します。社会保険労務士は労働・社会保険に関する法律や人事・労務管理の専門家であり、企業経営で大切な人と物、お金のうち人の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じるエキスパートとして、企業運営における人事についてさまざまな業務を担当しています。

社会保険労務士になるためには、社会保険労務士試験に合格した後に連合会に備える社会保険労務士名簿に登録する必要があり、この手続きを終えて初めてプロとして社会保険労務士事務所に加入して働くことができます。社会保険労務士の定義は社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者、と法律により定められています。社会保険労務士として働き始める時には、この条件を満たしているかどうかが重要です。

当サイトでは社会保険労務士がどのような業務を行う職種なのかをいくつか解説していきます。これから社会保険労務士になり、社会保険労務士事務所で働こうと考えている人が、社会保険労務士の仕事を知ることでより働くための意欲を得るための一助となれば幸いです。