会社から受ける依頼

社会保険労務士の業務のひとつは人事労務管理のコンサルティングで、労働者の能力を活かすことができる職場づくりを支援する業務となっています。企業がその業績を上げていくためには年俸制や能力給の導入などといった賃金耐性の変更や、能率を上げるための労働時間の変更など職場で働く人が働きやすい環境を作ることが大切です。しかしどういった体制が向いているかは、業種や働く人・顧客の年齢層などさまざまなものに影響されて変わっていきます。

社会保険労務士は就業規則の作成、変更。労働時間・休日などの労働条件や賃金制度の設計など企業経営の中でもとても重要な人にかんするさまざまな問題の解決をサポートする業務に多く携わっています。その業務の中には労働保険料の加入手続きや雇用保険、社会保険の事務手続きなども含まれており、場合によっては企業の資金の管理にも携わることもありますので非常に責任が重い立場となることもあります。

社会保険労務士事務所では企業から依頼を受けて、これらの事務手続きを行っています。企業の業績アップに必要となるさまざまな相談を受けることもありますので、業務内容としては非常に大きな責任を負うことになります。これから社会保険労務士を目指す人は、こういった重要な仕事を任せることもあるというのをきちんと知っておきましょう。